池もんオフィシャルサイト

#42「地獄の合宿。」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
天国の記憶を持って生まれるが、幼少期に苦しみ封印する。ひょんなことから大富豪に拾われ、ガーナやハワイなど海外で働くという成功を体験するが、そこに本当の幸せはないと気づき絶望する。その後、自分の幸せは天国の記憶を公開することだと悟り「天国の法則」を公開すると、たちまち評判になり、全国各地で講演依頼が殺到。今まで3,000人以上に伝えている。現在は、「地球を天国に!」をモットーに、絶賛活動中!
詳しいプロフィールはこちら

————————————————
「天国の記憶を思い出せば、人生に奇跡が起きる!」は、
シリーズものです。初めての方は、
「#1人生に奇跡を起こす方法!」からご覧ください。
————————————————

建築仲間で思い出しのだけど、
この建築仲間っていうのは、

その昔、僕が建築デザイナーを
目指していたとき、

「建築塾」という2泊3日で行われる
マニアックな合宿
で仲良くなった人。

このマニアックな合宿では、

普段はお会いできない、
「有名建築家」が先生になってくださるのだけど、

その方たちの前で「与えられたテーマの作品を創り」
プレゼンをして、叩かれたり褒められたりする、

「地獄のような合宿」なのである。笑

この地獄の合宿を共にした仲間たちとは、
何か良く分からない絆みたいなものが生まれるから、

終わってもなんか仲良しだったりする。

ちなみに、このときに、
とある有名建築家の方が来られたのだけど、

この人は、建築業界では異端児扱いされていて、

「建築は生命体です。」とか、

「この建築は、宇宙と交信しながら、
成長していく建築なんです。」
とか、

「家には瞑想部屋が必要だ。」みたいな、

ぶっ飛んだことを言っていた。

けど、この感覚は
天国の感覚にとても近かったので、

僕はこの方の話を聞いているとき、
心が躍っていた。

けど、仲間たちは「意味不明だよね。」って言ってた。
いや、僕には凄く理解できる~~!

って、言いたかったけど、
それを言う勇気はなく、

こっそりときめいてたのだけど、
やはり、同じ感覚の人なんだなー

思った出来事があった。

その建築塾で、僕がとあるテーマを
プレゼンしていたとき、

そこにいた先生たちからは、理解されなかったり、
ボコボコに叩かれたりしたプレゼンがあった。

僕が落ち込んでいると

その変人先生だけは、
後からこっそり近寄ってきて、

「君は面白いことをしようとしているね~!」

って褒めてくれた。
実は、彼は人を褒めない人で有名だったのだけど、

なぜか僕は褒められた。

「あ、やっぱりこの人は、天国の感覚を持ってる人だ。」
と、そのとき確信した。

その感覚を、社会に公表しながら、
ちゃんと生きている姿にとても勇気づけられたのを

思い出した。

つづく

————————————————

良ければ、フォローもお願いします♪

【インスタで読みたい方はこちら】
https://www.instagram.com/ikemonlife

【noteで読みたい方はこちら】
https://note.com/ikemon

【ツイッターで読みたい方はこちら】
https://twitter.com/ikemonlife

————————————————

この記事を書いている人 - WRITER -
天国の記憶を持って生まれるが、幼少期に苦しみ封印する。ひょんなことから大富豪に拾われ、ガーナやハワイなど海外で働くという成功を体験するが、そこに本当の幸せはないと気づき絶望する。その後、自分の幸せは天国の記憶を公開することだと悟り「天国の法則」を公開すると、たちまち評判になり、全国各地で講演依頼が殺到。今まで3,000人以上に伝えている。現在は、「地球を天国に!」をモットーに、絶賛活動中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.