池もんオフィシャルサイト

#38「身体は借り物。」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
天国の記憶を持って生まれるが、幼少期に苦しみ封印する。ひょんなことから大富豪に拾われ、ガーナやハワイなど海外で働くという成功を体験するが、そこに本当の幸せはないと気づき絶望する。その後、自分の幸せは天国の記憶を公開することだと悟り「天国の法則」を公開すると、たちまち評判になり、全国各地で講演依頼が殺到。今まで3,000人以上に伝えている。現在は、「地球を天国に!」をモットーに、絶賛活動中!
詳しいプロフィールはこちら

————————————————
「天国の記憶を思い出せば、人生に奇跡が起きる!」は、
シリーズものです。初めての方は、
「#1人生に奇跡を起こす方法!」からご覧ください。
————————————————

そうそう、話は戻るけど、

建築をやっていて、
一番、理解できなかったこと。

天国の感覚と1番違和感があったのは、
「土地」を売り買いするという感覚。

元々、土地なんていうのは、
誰のものでもなくって、

いってみれば、地球のものなんだよね。

そこに線を引いて、「ここは私の土地、
そっちはあなたの土地」っていうのが、

めっちゃ違和感だった。

勝手に線引いて、勝手に値段つけて、

それを「高い~!とか安い~!」とか
言ってお金かけているのを見ると、

天国視点で見たらパロディに近い。笑

一応、書類上ではあなたの土地って
なってるけど、

それ、そもそも地球のものですから、
「何か勘違いしてません?」って思ってた。

まー、地球には、そんな違和感が
溢れてのだけど、土地が一番の謎だったりする。

例えば、あなたの身体をいくつかに区切って、
誰かが売り買いしてたらどうですか?

「それ、僕の身体ですけど。」って
思いません?

そんな感じの違和感です。

とはいえ、

「いわゆる高級住宅街とか地価の高いところは、
エネルギーが高い」ところが多い。

ってことは、人ってそういのは知らなくても、
ちゃんと感じる力はあるんだよなーって思う。

そこは、なんか嬉しいな~って思う。

ということでね、

「天国では、自分のものという感覚は、
なくって、全て借り物ってイメージ」
なんだよね。

所有ではなくて、シェアという感覚。

それの延長線上で見てみると、
「実は、自分の身体は神さまからの借り物」なんだよね。

死ぬときに、神さまに返す借り物。
もっと言うと、魂の乗り物なだけ。

だからね、自分の身体だから
好きにして良いわけではなくて、

自分のことを責めたり、傷つけたりするのは、
いかんです。

借り物なので、大切に
愛で包んであげてくださいね。

つづく

————————————————

良ければ、フォローもお願いします♪

【インスタで読みたい方はこちら】
https://www.instagram.com/ikemonlife

【noteで読みたい方はこちら】
https://note.com/ikemon

【ツイッターで読みたい方はこちら】
https://twitter.com/ikemonlife

————————————————

この記事を書いている人 - WRITER -
天国の記憶を持って生まれるが、幼少期に苦しみ封印する。ひょんなことから大富豪に拾われ、ガーナやハワイなど海外で働くという成功を体験するが、そこに本当の幸せはないと気づき絶望する。その後、自分の幸せは天国の記憶を公開することだと悟り「天国の法則」を公開すると、たちまち評判になり、全国各地で講演依頼が殺到。今まで3,000人以上に伝えている。現在は、「地球を天国に!」をモットーに、絶賛活動中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.