池もんオフィシャルサイト

#16「妖精が見えない理由。」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
天国の記憶を持って生まれるが、幼少期に苦しみ封印する。ひょんなことから大富豪に拾われ、ガーナやハワイなど海外で働くという成功を体験するが、そこに本当の幸せはないと気づき絶望する。その後、自分の幸せは天国の記憶を公開することだと悟り「天国の法則」を公開すると、たちまち評判になり、全国各地で講演依頼が殺到。今まで3,000人以上に伝えている。現在は、「地球を天国に!」をモットーに、絶賛活動中!
詳しいプロフィールはこちら

————————————————
「天国の記憶を思い出せば、人生に奇跡が起きる!」は、
シリーズものです。初めての方は、
「#1人生に奇跡を起こす方法!」からご覧ください。
————————————————

ちなみにですが、

妖精、精霊、エルフ、ドワーフ、龍、
ユニコーン、ペガサスといった、

おとぎ話に出て来そうな生き物たちは、
昔は、ちゃんと地球にいて、

実は、「人間と仲良くしていた」らしい。

それがなぜか別々の世界の住人へと、
分かれていくことになった。

それはなぜかというと、

「人間が自然の法則を破り始めたから。」

実は、この世には自然の法則があって、
今は見えなくなった生き物も、

動物も植物も、その自然の法則に
従って生きている。

いわゆる、食物連鎖とか黄金比率とか、
言われているもので、

放っといても完璧なバランス
なるように、なっている。

けど、その法則を人間が破り始めたらしい。

なぜ、破り始めたかというと、
欲深くなっちゃったから。

もっと土地を・・
もっとお金を・・
もっと何かを・・ってね。

これは、別に悪いことではないし、

天国から見ると、計画の一部だから、
必然ではあるのだけど、

まー、ちょぴっと悲しいよね。

昔の人間というのは、
その自然の法則を大事にしながら生きていた。

だから、妖精、精霊、エルフ、ドワーフ、龍、
ユニコーン、ペガサスなんかとも、

仲良く出来ていたのだけど、
自然の法則を無視し始めたときから、

みんなが見えなくなってきて、今では
「おとぎ話の住人」になってしまっているんだよね。

だから、自然の法則に従って生きている
インディアンは、今でも精霊と仲良くしているし、

実は、日本人も仲良しな方だったりします。

よくね、「妖精は心の綺麗な人じゃないと、
見えないよー」
って言うじゃない?

それ、こういう理由です。

つまり、純粋な心があれば、
あなたにも見えるかも!

ってお話。

つづく

————————————————

良ければ、フォローもお願いします♪

【インスタで読みたい方はこちら】
https://www.instagram.com/ikemonlife

【noteで読みたい方はこちら】
https://note.com/ikemon

【ツイッターで読みたい方はこちら】
https://twitter.com/ikemonlife

————————————————

この記事を書いている人 - WRITER -
天国の記憶を持って生まれるが、幼少期に苦しみ封印する。ひょんなことから大富豪に拾われ、ガーナやハワイなど海外で働くという成功を体験するが、そこに本当の幸せはないと気づき絶望する。その後、自分の幸せは天国の記憶を公開することだと悟り「天国の法則」を公開すると、たちまち評判になり、全国各地で講演依頼が殺到。今まで3,000人以上に伝えている。現在は、「地球を天国に!」をモットーに、絶賛活動中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.