2017/07/27

「風水」って何?

 
風水って何?

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

なぜ風水をお伝えしているのか?

こんにちは。池田たかゆきです。
今日は、風水についてお伝えしていきたいと思います。

風水といえば、「占い」「黄色い財布」というイメージが強いですが、

実は、「環境学」という学問なのですね~。
それも、根本的な考え方は「東洋医学」と同じで、

陰陽五行思想を中心にしています。

「東洋医学=陰陽五行で”身体”を診る学問」に対し、
「風水=陰陽五行で”環境”を診る学問」です。

最近、東洋医学というのは、

”漢方、針、灸、整体、アーユルベーダなど”も、
一般的に認められるようになってきました。

しかし、風水だけが、今だに占いと思われています。

なぜなら「実際に風水鑑定をしているのが占い師」だからです。
本来、風水は「建築の分野」の人がやるべきことなのに、

建築関係者ではなく、占い師がやっているので、

あまり社会的に認められていないのです。
実際に、風水では
「あなたの家はここが悪い!」
と、言うだけ言っておいて、

対策は言わずに、水晶などを売りつける

という商法が多いのも事実です。
これは、お医者さんから「あなたは風邪です!」と

診断するだけ診断しておいて、

薬も注射もしないという状況と同じです。
それが風水の世界ではまかり通っているのです。

これでは、プロの仕事とは言えません。

そんな詐欺のような風水の現状を少しでも変えたい、

真の風水の良さを多くの人にお伝えしたい。

との想いから、
一級建築士で風水師でもある井上馨一郎さんが、

「日本風水建築協会」という協会を立ち上げました。
井上さんの目指している風水は、
「対策のある風水」です。原因があれば対策もある。

対策が分かれば、風水は活かせます。
どうせ風水をするのであれば、

生活に活かせる風水を実践して、人生を好転して頂ければと思います。

風水って何?

実は、風水というのは、稲作と一緒に中国から

「稲の育ちやすい”風”の吹かない”水”の豊富な土地を探す技術」

として、伝わってきました。その頭文字をとって「風水」

つまり、風水は、「豊穣の土地を探す学問」だったのです。
食べ物が豊富なところには、人が集まってきます。

人が集まれば、村ができ、街ができ、国ができます。
ですから、風水という土地を探す技術を持ったものが、

その辺りを「支配」するようになり、風水は帝王学と呼ばれ、

秘術として継承されていくようになりました。

時代は移り、食べ物が大事という世の中から、

経済が大事という世の中に移り変わってきました。
それでも尚、時の権力者たちの中で、

伝承されてきたのは、やはり風水には、

特別な何かがあったからだと思われます。
その中で大切な概念とされているのが、
「気」
という考え方。
気とは、

「すべてのものごとの根本的な力。」です。

実は、日本人は気にとても馴染みのあるもので、
”運気、元気、強気、弱気、勇気、やる気、雰囲気、平気、
気のせい、気がかり、気がつく、気がきく、気が向く・・”

と、日本語には「気」という概念が日常の中に溶け込んでいます。
風水は、この「気」を読み解き、コントロールすることで、

運気を上げていくという技術になります。
この「気」という存在は、目には見えないのですが、

最近では、”量子物理学”という分野においても、

実在することが分かってきました。
つまり、風水は気をコントロールする学問とも

言い換えることが出来ます。「学問」ということは、
法則に従えば、誰でも効果が表れるということなのです。

ジャジャン!ここで、問題です

Q.「香港、ドバイ、シンガポール、東京」

に共通することって何でしょう?

 

・・・・ちょっと考えてみてくださいね
・・・・考えましたか?

 

 

・・・・あと10秒・・・

 

 

はい!勘の良い方はお分かりだと思いますが、
答えは、「風水でつくられている都市」です。

「え?どういうこと?」

この4都市の国際的な経済発展はご存知の通りですが、

実は、風水で街づくりがされています。
東京などはあまり知られてはいませんが、

江戸幕府を開いた「徳川家康」が、

実際に風水をつかって、江戸をつくっているのです。
その効果もあってか、

東京は現代でも、”代表的な世界都市”になっています。
また、シンガポールやドバイといえば、

”セレブ”や”お金持ち”の街というイメージがありますが、

やはり、こちらも風水をつかって街づくりをしています。
特にシンガポールに至っては、

1ドルに八角形をデザインすることで、風水対策を取るなど、

政府が風水を活用しています。
(「シンガポール 1ドル」で検索すると見ることが出来ます。)

そして、京都は「風水で選ばれた街」というのは、

聞かれたことがあるかもしれませんが、
実は、平安時代くらいまでは、今でいう文部省や大蔵省と同じ扱いで、

「陰陽寮」と言って、風水などを扱う機関が

存在していたそうです。
映画に出てくる「陰陽師」というのは、

実在していて、国の行く末について、影ながら、

アドバイスしていたとの記録もあるそうです。

このように、歴史的にも、現代的にも
結果の出ている風水は、誰にでも実践が可能ですので、

経営者、政治家、芸能人、スポーツ選手といった
多くの方が、自宅やオフィス、店舗などに取りいれています

風水で何が出来るの?

風水の効果は分かって頂けたかと思います。
では、実際に私たちの生活には、

どう使っていったら良いでしょうか。
実は風水には、

「天文風水」「地理風水」とがあります。

天文風水とは、

「暦」や「方位」といった、
”タイミング”を診るもので、

地理風水とは、

「場所」「間取り」「インテリア」

という”環境”を診るものです。

これをうまく取り入れることで

●新築のとき
●店舗物件探し
●建て売りを買うとき
●設計、プランニング
●リフォーム
●模様替え
●引っ越し

など、何でも鑑定することが出来ます。

何を鑑定しているかというと、

・土地質
・場所
・環境
・道路との関係
・方位
・契約日
・玄関の向き
・寝室の位置
・工事を始める場所
・素材
・色
・インテリアetc・・

です。
もし、今、新築や店舗、リフォーム、

引越しや、模様替えなどをお考えの方は、

風水を取り入れてみませんか?
せっかくのタイミングですので、

運気を上げて、人生を好転させる
チャンスかもしれません。

今日から使える風水

少しは風水に興味を持って頂けたでしょうか。
まだ少しハードルが高いと思われている方は、

風水を体感して頂くのが一番だと思います。
今日から出来る風水を3つお伝えします。

一番して欲しいことは、
「換気」です。

「え?そんな簡単なこと?」
そうです。

気の流れは風に乗ります。

風に乗って龍がやってきます。
出来れば、朝一番の風を

家の中に入れてあげることを

意識してみてください。
それから、

「掃除」です。
これは良く聞くことだと思いますが、

綺麗なところには運気が集まります。

特に「財運」を上げたい場合には、

3日に1度は掃除をしてみてください。
これは映画舞台をセットする人が言っていたのですが、
お金持ちの家をセッティングするときは、

「なるべく物が少ない状態」をつくり、
貧しい家をセッティングするときは、

「物をゴチャゴチャ置いておく。」と言っていました。
何となく想像がつきますよね。

最後が

「全てを丁寧に」です。
例えば、ドアの開け閉めや、

カバンの置き方、ご飯の食べ方、
といった日常生活を、

丁寧に行ってみてください。
ドアは音が立たないように開け閉めして、

カバンはポーンではなく、しっかり置く、

ご飯のときは、ながら食べはやめて、集中する。
それだけで運気は上がってきます。

さて、この3つを聞かれて、

どう思われましたか?
このお話しをすると、みなさん

「簡単だね!これだけ?」

と言って頂けます。
もちろん、風水はまだまだ奥深いので、

これだけで良いとは言いませんが、

これだけでも、運気は上がります。
でもね、
これ、続ける人は少ないです。

きっと100人に1人くらい。

「簡単だね」と言いながら続けないのです。
人は簡単だと思うことは、あまり続けようとはしません。

でも、本当は、簡単なことを長く続けることが運気を上げる秘訣なのです。
今回は、それをお伝えしたかったのですが、

もし良ければ実践されてみてくださいね♪

オマケだよ

風水には「方位作用」というものが
あるということはお話ししましたが、

もう一度、詳しくお話ししますと、
方位作用とは、移動するときの

方位で吉凶が決まってくるということです。
例えば、「引越し」を考えているとして、

南に引っ越すか、東に引っ越すかによって、
今後60年、吉運になるか、凶運になるかが決まるということ。

なので、方位は、しっかり見ておいた方が、良いのですが、

実は、これを日常で利用することが出来ます。
それが「有気取り(ゆうきどり)」と言って、

今の住まいから、

「吉方位」に旅行することで、

運気を上げていく風水の裏技です。
この吉方位は、「年」によっても「月」によっても違います。

とても効果的ですので、私も良く有気取りに行きます。
ついでに、温泉に入って神社にお参りして、

帰ってくるのですが、最高です。
運気も良くなって、温泉&神社に行けるという、

良いことづくしなのが有気取なのですが、
実は、こちらの方位をお知らせするだけでも、

「有料」になってしまいます。
でも、せっかくのご縁ですので、

私は読んで頂いている方に、有気取りを
体験して頂きたいと思います。

そこで、Facebookで月に1回は、
この方位を公開しています。

もし宜しければご覧くださいね♪

↓僕のFacebookはこちらです。
今日はこれまで~!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です