2018/10/18

ワールドカップとCMから時代を読む その1

 
ワールドカップとCMから時代を読む

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

池田たかゆきです。

日曜日の朝、

いかがお過ごしでしょうか?

休みに朝から、メールしてくんなって?

いや!!そういうわけにはいかない!!!

これはね!!!

僕のね!!!

使命なんだぁ~~~~!!!

って、熱いふりをしたりして。

てへぺろ。

熱いと言えば、

ワールドカップですね。

この時期は、

兄弟で、

優勝国を

予想するんだけどね、

実は目

このワールドカップ

優勝国をね、

2回連続当てています!!

2010年

「すぺいん。」

2014年

「どいつ。」

もうね、

そろそろ、

解説席に呼ばれても

おかしくない・・・

え?

サッカー好きなのかって?

ごめんなさい。

実は、あんまり興味ないです・・・(;´Д`)

全くの「勘」!

勘!!??

おそろしや~

おそろしや~

ろしや、

おそろしや~

・・・・・

・・・・・

・・・・・

はい。

え?分かりにくい?

あ、今回の会場って、

ロシアでしょ。

そこに、

かけてみたんですが・・・

うん。

分かりにくいね。

気を取り直して、

そんな池田が

今回のワールドカップで

ここだ!

って思っている国。

それは・・

それは・・

それは~~~~!!

と、その前に本題です。

僕ね、

CM好きなんですよ。

あの数十秒で

色んなこと伝えないと

いけないでしょ。

そこにあれだけの世界を

詰め込んで、映像にするって、

そりゃ、凄いことなんですね。

その中でも、

頭に残るCMっていうのは、

1%くらいです。

その中でね、

とても面白いな~って

見ているのが、

「au」

「ソフトバンク」

「ペプシ」

この3社は、

数年前から、

シリーズものとして、

auは、昔話をモチーフにしたCM。

ソフトバンクは、犬のお父さん(白戸家)のCM。

ペプシは、桃太郎をモチーフにしたCM。

を、作っています。

さて、その中でも

似ているのが、

「au」と

「ペプシ」のCM

どちらとも、

昔話をモチーフにしているのですが、

実は、圧倒的に人気なのは、

・・・

・・・

どっちだと思います?

まず、考えてみてください。

あまりいないと思いますが、

見たことがない人は、

まず、見てみてください。

↓au

↓ペプシ

見ました?

実は、こういうとことからも、

時代を読み解くことが出来るのですが、

これ、

どちらも狙っているのは、

「ブランド化」

です。

で、ブランド化っていうのは、

「世界観」がとっても大事になって

くるのですが、

これ、別に世界観は、悪くないです。

っていうか、どちらとも、

クオリティという面では、

もちろん、日本トップクラスです。

そんな人たちが、

変なものを作るわけもなく、

どちらとも、最高傑作なのです。

でも、

圧倒的に人気な方は、

「au」の方です。

なぜでしょう?

どちらも最高傑作で、

どちらも頭に残ります。

映像、音楽、世界観

何を取っても、素晴らしい。

じゃあ、人気を分けている

原因は何か?

それが「時代」

です。

実は、

ブランド化というのは、

好景気のときの

ブランディングと、

不景気のときに、

ブランディングと、

違います。

あ、なんか時間が

なくなってきたので、

こうしましょう。

「答えを考えてみてください。」

えーーーー!!

ぶーぶーー!!

ええい!

しずまれ、しずまれ~~~~!!

この紋所が目に入らぬかっ!!??

というわけで、

答えはまた明日!!

ワールドカップの予想も、

また明日!!

相変わらずの、

ケツかっちん。

では、またメールします。

今日も素晴らしい1日になりますように☆彡

池田たかゆき

【ご意見やご感想はこちら】
頂いたメールは全てに返信は出来ませんが、
全て目を通しています。
⇒info@organic-design-mana.jp

※このメルマガは著作権で保護されていますが、
大切な方へ届けたい方はご自由に転送ください。

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

池田たかゆき 公式メールマガジン

【facebook】お友達申請歓迎です。
⇒https://www.facebook.com/taka001

【公式サイト】
⇒https://ikedatakayuki.com/

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
発行者:池田たかゆき

↓メールマガジンの解除はこちらから
%cancelurl%

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です