2017/07/27

「価値」ってなんじゃーい?

 
価値って何?

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

「価値」カチ、かちって言うけど、いったい何よ?

こんにちは。
池田たかゆきです。

お仕事の現場で良く聞くワードナンバーワンくらいに、
入ってるこの言葉・・

「価値!!」
社長が言います、コンサルタントが言います。
「価値」を高めましょう・・
「価値」を提供しましょう・・
「価値」を加えましょう・・

カチを・・・

って、「カチカチ、かちかち、うるせぇ~~よぉ~~~~!!」

価値を高めればいーんでしょ、価値を~~

はい、では価値を高めるには、まずどうしたら良いのか?
それはね、価値の意味を知ることからです

価値って言葉の意味が分からない人に、
価値を高めることなんて、絶対に無理っす!!

「価値の意味」を社長やコンサルタントに聞いてみる

価値を高めなさいって言っている人に、
「価値って何ですか?」って聞いてみてください

きっと・・
価値は価値だよ・・とか、
お客様の目線に立って・・とか、
ぷらいおりてぃが・・とか、
しーえすが・・とか、
自社の強みをを・・とか、
言われます、しまいには、

あれだよあれ!
とか、言われます。

え?あれって何すか?って突っ込んでもいいですが、
きっと、嫌われるので辞めておきましょーー

では、価値について少し考えてみましょう。

 

「高いもの」には価値がある?

例えば、この「指輪」 価格は128万円

指輪

「価値があるでしょうか?ないでしょうか?」

 

例えば、この「赤い糸」 価格は15円
赤い糸

「価値があるでしょうか?ないでしょうか?」

 

例えば、この「車」 価格は1,100万円

中古車

「価値があるでしょうか?ないでしょうか?」
さて、この中で一番価値の高いものはどれでしょうか?

ちなみに、価格の高いもの」ではありません・・
「価値の高いもの」です

どれですか?

分かりました?

分かりませんよね

 

ちなみに、

「指輪は、世界に1つしかない有名デザイナーの
オーダーメイドなので入手困難です」

「赤い糸なんて、価格は15円だけど、きっと2人にとっては、
お金で買えない価値になるかもしれないし」

「車は価格は高いけど、どこにでも売ってありますよね」

どうですか?

どれが一番価値があるでしょうか?

もっと分からなくなりました?

 

はい。

 

ここで、分かって頂きたかったのは、
「価値と価格は関係ない」ってことです

 

えーーーー!?そうなの~~!?
そーなんです!!!

 

「価値」を決めるその前に

価値が高いと、価格が高くなる傾向にはありますが、
実は、価格が高いのと価値が高いは違います

これ、意外と見落としがちなのですが、
価値を考えるときに、とっても大事な考え方なので、
しっかり理解しておいてくださいね

じゃー、価値ってなんじゃい?ってことなのですが、
実は、

 

「価値は、その人の気分で変わる」

ということです。

おーまいごっと
まじか~!!??

例えば、高級焼肉は価値が高いと思われがちですが、
毎日、食べている人にとっては価値がありません
その人にとっては、絶品和食の方が価値があります

逆に、絶品和食を毎日食べている人にとっては、
高級焼肉に価値が生まれます

他にも、無人島に漂流してしまったとしたら、
1億円より、水に価値が生まれます

逆に都会だと、水より1億円の方が価値が上がるわけです

んー、難しくなってきましたねー・・

つまり、価値を考えるにあたって、
一番大切なことは、

「誰に発信するか」

 

です。

つまり、「誰に発信するか?」

が決まっていないと、
価値の提供のしようがないのです。

例えば、先ほどの「赤い糸」なんて、
カップルにとっては非常に価値がある糸なのだけど、

普通の人にとっては、何の役にも立たない糸クズでしかありません。

なので、価値を高めることを考える前に、
まず「誰がお客様なのか。」ということをしっかり把握しましょう

 

価値の正体とは?

さて、では誰に発信するか?が決まったとして、
価値って説明出来ますか?

それでも、価値って説明しずらいと思うんです。

では、答えからいきます。価値とは・・

 

「利便性×希少性」

 

です。

大事なので、もう1回言いますよ。

「利便性×希少性」

です。

例えば、先ほどの指輪は128万円もするわけですが、

利便性=自分を綺麗にしてくれる
希少性=世界に1つのオーダーメイド

なので、そのデザイナーを崇拝している人には、
とても価値があるわけです。

カップルの赤い糸は15円なのですが、

利便性=2人の愛情を感じられるアイテム
希少性=2人にしか分からない合図

ということで、こちらにも価値が生まれています。

最後に、なのですが、

利便性=走る、人が乗れる
希少性=世界トップメーカーがつくっている

ということで、こちらも価値がありますね。

 

価値の「つくり方」

なんとなく分かってきましたでしょうか?
つまり最初に言っていた

価値を高める=「利便性と希少性を高めてくれ」
価値の提供=「利便性と希少性の提供」
価値を加える=「利便性と希少性を加える」

という意味になります。

世の中のほとんどがこんな感じになってますので、
身近なもので考えてみてください

「なぜ川辺の石はタダなのに、ダイヤモンドには値段がつくのか?」
「なぜルンバくんは価格が高いのに、ホウキは100円ショップで売っているのか?」
「逆にお寺なんかではルンバくんより、ホウキの方が価値があるのはなぜなのか?」

という感じで、色々と考えてみてくださいね。

おさらいです。
価値を創りだすには、
「1、誰に発信するかを考える」

「2、利便性×希少性を考える」

 

こうやってみると、とっても簡単ですね。
これで明日から、価値をバンバン高めることが出来ると思います!

では、もう眠たいので、寝る~~~Zzzzz
おやすみなさい☆

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です