池もんオフィシャルサイト

#13「お空に帰りたい!」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
天国の記憶を持って生まれるが、幼少期に苦しみ封印する。ひょんなことから大富豪に拾われ、ガーナやハワイなど海外で働くという成功を体験するが、そこに本当の幸せはないと気づき絶望する。その後、自分の幸せは天国の記憶を公開することだと悟り「天国の法則」を公開すると、たちまち評判になり、全国各地で講演依頼が殺到。今まで3,000人以上に伝えている。現在は、「地球を天国に!」をモットーに、絶賛活動中!
詳しいプロフィールはこちら

————————————————
「天国の記憶を思い出せば、人生に奇跡が起きる!」は、
シリーズものです。初めての方は、
「#1人生に奇跡を起こす方法!」からご覧ください。
————————————————

僕がそこに書いたこと、
それは・・

「お空に帰りたい。」

だった。

教室の後ろの壁に張り出されていた、
みんなの夢!力強く、

・パイロットになたい!
・コックさんになりたい!
・野球選手になりたい!
・ケーキ屋さんになりたい!
・看護婦さんになりたい!
・ペット屋さんになりたい!

って書いてある中で、
1人だけ、弱々しい文字で、

「お空に帰りたい。」

同じ班の男子や女子だけではなく、
クラスメイト全員がそんなことを書いています。

僕の中では、お空に帰りたいが、
スタンダードだと思っていたから、

みんながそんなこと思っているなんて
全然思ってもみなくて、

「おったまげました!」

心の中でみんなの夢を笑っていた僕は、
逆にみんなから、

「お空に帰るって?」
「飛びたいってこと?」
「子どもみたーい!」

って、不思議そうな顔をされながら、
色々と言われました。

なんか恥ずかしくなりつつも、

「いや、僕からしたら、
みんなが不思議なんだけど・・・」

って思ってた。

いや、確かにね、先生に呼ばれて、

「池田くん、これはパイロットじゃないの?」
「宇宙飛行士とか?」
「ハングライダーていうのもあるよ?」

って言われた。

そのときは、先生が言っている意味が
分からなかったし、

そもそも、パイロットとか、宇宙飛行士とか、
「そんなんじゃない。」って答えた。

ただ、お空に帰りたいんだ。って。

張り出される夢を見ながら、
僕は1つの疑問が浮かんでいた。

「何でみんなお空に帰りたいと
思わないのか?」

そして、数日間考えたのち、
こういう答えに辿り着いた。

まさか!

「もしかして、僕に見えているものと、
みんなに見えているものは、

違うのかもしれない!!」と。

つづく

————————————————

良ければ、フォローもお願いします♪

【インスタで読みたい方はこちら】
https://www.instagram.com/ikemonlife

【noteで読みたい方はこちら】
https://note.com/ikemon

【ツイッターで読みたい方はこちら】
https://twitter.com/ikemonlife

————————————————

この記事を書いている人 - WRITER -
天国の記憶を持って生まれるが、幼少期に苦しみ封印する。ひょんなことから大富豪に拾われ、ガーナやハワイなど海外で働くという成功を体験するが、そこに本当の幸せはないと気づき絶望する。その後、自分の幸せは天国の記憶を公開することだと悟り「天国の法則」を公開すると、たちまち評判になり、全国各地で講演依頼が殺到。今まで3,000人以上に伝えている。現在は、「地球を天国に!」をモットーに、絶賛活動中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.