物事の「真髄」とは何か?

 
物事の「真髄」とは何か?

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、ハワイやガーナで仕事をするという夢を叶えた僕が伝える「池田流引き寄せの法則」 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

池田たかゆきです。

 

池田が通っていた、

古武道の先生が言っていた。

 

「何かを極めると、”真髄”にいたる。

真髄に至れば、全てが同じものだと分かる♪」

 

と。

 

確かに、先生は、

 

武術も、

剣術も、

整体も、

神道も、

インテリアも、

家具も、

料理も、

車も、

音楽も、

お酒も、

 

何でも精通していた。

 

真髄は深い。

 

でもね、

その真髄ってやつを、

実は池田も知っている。

 

別に聞いた訳ではないけど、

それは、雰囲気と話し方で分かる。

 

経験したものだけが分かる境地。

 

池田は別に何かを極めたわけではないけど、

 

資産50億の人に弟子入りしたり、

ガーナやハワイに行ったり、

お金持ちになったり、

無一文になったり、

絶望したり、

悟りを感じたり、

エネルギーを学んだり、

 

そんなことをしているうちに、

そして、一流と呼ばれる人たちと、

お付き合いするうちに、

 

あ、これかーと

分かるようになりました。

 

そして、一流の人たちは、

みんな同じ共通点を持ってました。

 

知りたい?

知りたい?

尻タイ?

 

言葉にすると、

ちょっと軽くなるから

本当は体感して欲しいのだけど、

 

真髄はね、

「今を生きる」

ということです。

 

今、目の前のことに集中する。

今の感性を大事にする。

 

過去に捕らわれるわけでもない、

未来を重んじるわけでもない、

 

「今を生きる。」

 

これ、シンプルなんだけど、

まー難しい。

 

だってね、これ言葉だけお伝えすると、

「今が良ければそれでよい!」

みたいな解釈する人がほとんどですもの。

 

明日、仕事だけど、

楽しいから、朝まで飲もう~~!!

 

そんなラテン系になってしまう人、

続出!!笑

 

まー、今を生きると聞けば、

そう思っちゃうのは分かる。

 

けど、

明日のことを考えないで、

今が良ければいいというのとは、全然ちゃうの。

 

過去を知り、未来を想い、

そして、それを全て捨てて、

 

今を生きる。

過去と未来なんてないのです。

 

でも、過去と未来がないと、

今もないのです。

 

何を言っているんだ!?

って感じでしょう?

 

だから、言葉には

できないだっちゃ!!

ラムちゃんだっちゃ!!

 

安定という名の不安定。

そこに安定があると知ったとき、

 

今を生きるの意味が

見えてくるのです。

 

あーー、もう難しい!!

 

そうなのです。

 

だってね、

道を極めた人が辿り着く境地ですからね。

 

なかなかどうして・・・

でもね、

これを感じるために

 

やれることは一つです。

「目の前のことに、集中する」

ってこと。

 

目の前にいる人

目の前の問題

目の前の仕事

 

そう、今目の前にあることに、

全身全霊で向き合えているか。

 

そういうことを

意識することが大事です。

 

ということで、

今日は、

 

「目の前のことに集中する」

 

ということをテーマにしてみてください。

 

意外と違うこと考えている自分に

気づくはず。

 

はい。

それでいーんです。

 

まずは、気づくことから始まります♪

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございます!

 

今日も素敵な未来につながる

1日になりますように☆彡

 

では、またメールします。

 

池田たかゆき

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です