信念と執着って何が違うんですか?

 
信念と執着って何が違うんですか?

この記事を書いている人 - WRITER -

ひょんなことから大富豪に弟子入りし、ハワイやガーナで成功を体験。ビジネスと精神世界に精通したライフコーチとして1,000人以上を「自分らしく輝ける人生」に導く。独自の視点で気づきを与えるメルマガやリトリートも人気。夢を叶えるコミュニティ「オアシス」を運営。⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

信念と執着って何が違うんですか?

今日は、質問にお答えします!

いつも、いくつか頂いているのですが、

 

必要なタイミングだな~って

思ったメールだけご紹介させて頂いています。

 

メールに全て目は通させて頂いています。

ありがとうございます!

 

こんな質問です。

↓↓↓ここから↓↓↓

こんにちは(#^^#)

いつも、心のこもった素敵な
メルマガありがとうございます。
襟を正されることも多くありがたいです。

最近、考えていることですが

「信念」と「執着」は違う。
また、
「協調」と「妥協」は違います。

池田さんは、このどちらに
なっているか自分でジャッジするとき
どういう基準で判断されていますか?

↑↑↑ここまで↑↑↑

 

はい、良い質問ですね!

 

信念と執着って、

似てるけど、

 

なんか違う気がする~~!!

って思いますよね。

 

あと、「こだわり」とかもね。

 

例えば、

池田の場合は、昔、

「セッションは対面!!」に、こだわってました。

だって、対面じゃないと、

ちゃんと伝わらなさそうだし、

 

目を合わせて、ちゃんと

クライアントさんと、向き合いたいもん!

 

って思ってました。

 

じゃー、これってさ、

 

「信念なの?」

「執着なの?」

 

って、聞かれたら、

どう思います?

 

うーーーーーん。

 

ですよね。

 

想いは信念にも執着にもなりえる

池田はね、

実は、信念も、執着も、

 

あんまり変わらないものだと

思ってます。

 

なぜかというと、

 

その想いというのに

間違いなんてなくて、

 

それは、その人の正義から

生まれる思想だからです。

 

だからね、

全ての想いは、

 

「信念にもなりうるし、

執着にもなりうる。」

 

と思う。

じゃー、何が違うのか?

っていうと、

その想いが、

 

「目的に向かっているものなのか?」

「手段にこだわっているのか?」

 

の違いです。

 

さっきの、

「セッションは対面でします!」

っていう、信念。

 

これ、自分では、「クライアントさんのため!」

って思ってました。

 

でも、あるときから、

全てZOOM(オンライン)に変えました。

 

結果、クライアントさんも移動しなくて良いし、

日本全国から受けて頂けるし、

より気軽に受けて頂けるようになりました。

 

なんと!

お互いに手間がかからない。

 

ということが分かったんですね。

つまり、

「セッションは対面が良い!」

 

っていうのは、間違っていたわけです。

 

つまり、信念と思いきや、

これは執着だったのですね。

 

信念は目的です。

この場合の目的は、

 

「クライアントさんの人生を

より良くすること。」です。

 

これが、信念。

 

そのためには、対面だろうが、

ZOOMだろうが、どっちでも良いわけです。

 

でも、対面が良いって思いこんでいた。

これは、手段にこだわっているので、

執着になるわけです。

 

じゃーこれの見分け方って何っていうと、

絶対に手放せないものは「信念」です。

 

が、手放したときに、

「可能性を開くもの(楽になるもの)は執着」になりえます。

 

クライアントさんの人生をより良くする。

ということは、絶対に手放せませんが、

 

対面であるということを手放したら、

より可能性が広がったのですね。

 

なので、信念か執着かを、ジャッジするポイントは、

 

「目的なのか?手段なのか?」

 

「可能性を開くものなのか、

可能性を閉じるものなのか。」

 

の2つです。

 

正体はこうするべき、というコントロール欲求、

協調と妥協これも、ほぼ同じだと思います。

同じ目的に向かって、

協力しあっていくのが協調。

 

妥協は、自分はこういう考えなんだけど、

意見が違うから、しょうがないね。

 

という感じです。

このね、執着と妥協っていうのは、

 

基本的には、

「強烈なエゴから発生」します。

どういうエゴかというと、

 

「こうするべきという

コントロール欲求」

 

です。

 

カップルで旅行に行ったとしましょう

例えば、

カップルで旅行に行くことになってね

計画を立てていたとしましょう。

 

3か所を周る予定にしていたのですが、

時間が遅れて2か所にしか行けない感じ。

 

そのときに、

 

何がなんでも3か所行くってのは、

執着です。

 

なぜかというと、

旅行の目的は、

 

2人で楽しむこと。

 

なのに、いつの間にか、

3か所回ること。になっていたりします。

 

この場合、

 

2人で楽しむことが「信念」。

3か所回るべきが「執着」になります。

 

そして、

2か所しか回れないなら、

 

3か所目は、少し近くのカフェで

お茶でもしようか。っていうのが協調。

 

しょうがないから、そこのカフェで

我慢してやるか。本当は嫌だけど。

 

っていうのが妥協です。

なんとなく、分かってきましたね。

 

実は、失う恐れからきています

執着は手放すと楽になります。

人生がスムーズになります。

イライラが減ります。

 

そしてね、この「~するべき」とか、

「コントロール欲求」ってのは、

 

実は、「恐れ」からやってきます。

 

どいういう恐れかというと、

 

自分の思った通りにならないと、

「失う」という不安です。

 

対面セッションでないと、

クライアントさんに結果が出ない。⇒(失敗する不安)

 

自分の提案したプランでないと、

プロジェクトが失敗する。⇒(信頼を失う不安)

 

自分の計画した通りの旅行でないと、

2人は楽しめないはず。⇒(愛を失う不安)

 

で、こういう人って、

絶対に嫉妬心が強いので、

 

恋人が、次の可能性に向かおうとすると、

足を引っ張っちゃうことがあります。

 

恋人が次のステージに行くと、

私に興味がなくなるかも。⇒(人を失う恐怖)

って思っちゃうからです。

 

本当は、

恋人の成長は、喜んで応援してあげる方が

お互いのためですが、

 

「失う怖さ」を持っていると、

そう思えないのです。

 

これを無くすにはどうしたらいいのか?

まず、執着が出てきたときに、自分が

 

「何を失うと思っているのか。」

まず、それを理解するところからです。

 

で、理解した上で、

「第3の選択を考える。」

 

これが大事です。

 

先ほどのように、

絶対に3か所回るんだ!

 

ではなく、

 

3か所回れないなら、

このカフェに行きたい!

 

とか、

 

自分も相手も楽になる

第3の選択を考えるのです。

 

おや、なんか話が深くなってしまいましたが、

まとめますと、

信念と執着は、どちらも正しい想い。

その想いは信念に執着にもなりえる。

 

その中でも、信念は「目的に向かっているもの」であり、

執着は「手段こだわっている」ものである。

 

協調も妥協もほぼ同じ、根本は、

「~べき」という「コントロール欲求」から来ている。

 

このコントロール欲求は、「失う恐れ」から来ているので、

まず、自分が何を失うと思っているかを知り、

 

その上でAでもBでもない「第3の選択」を提案していく。

すると、自分も相手も楽になることが多い。

 

というお話でした。

 

でも、成功する可能性の高い人なんだよね

でもね、信念にしても、執着にしても、

基本的には、心の熱い人や情熱的な人しか、

 

そういう想いは出てこないので、

それだけ本気ってことなのです。

 

それだけ本気でいられることは、

とても尊いことですよ。

 

そこは、自分を褒めてあげてくださいね♪

そこを上手く使いこなせるようになれば、

 

大成功しますから♪

 

では、またお会いしましょう!

ありがとうございました。

今日も素敵な1日になりますように☆彡

池田たかゆき

メルマガ登録

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です