2018/02/19

心が錆付くことを「寂しい」という

 
心が錆付くことを「寂しい」という

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

心が錆付くことを「寂しい」という

池田たかゆきです。

 

きのうは、旧正月でしたね。

日本は、100年前くらいまでは、

旧暦っていうのを使ってました。

 

その旧暦で言うところの、

元旦がきのうだったわけですね。

 

ってことは、今日は、

お正月真っただ中。

たった100年前まで

旧暦だったということは、

 

きっと、日本人のDNAの中には、

そのリズムが残っているわけなので、

 

初詣行ってみてくださいね。

 

僕は、

きのう、氏神様に

初詣に行ったのですが、

そこで、神様から、

いいこと聞きました。

 

「寂しい(さびしい)」っていう言葉あるでしょ。

あれはね、

「錆強い(さびしい)」

って、ことだそうです。

 

錆を強いるって意味ね。

つまり錆付くってこと。

 

切れる刀も、

錆が入れば、切れなくなります。

 

身体だって、

錆びると、老化していきます。

 

そして、心が、

錆ついていって、何も感じなくなると、

「寂しい」という気持ちになるのだそう。

 

じゃー、

「どうやったら錆びるのか?」

っていうと、

簡単です。

 

動かさなかったら。ですよね。

使わなかったら錆びつきます。

 

「したらば、心はどう使うのか?」

それは、「感謝。」

です。

 

今、色々な問題が起こっていると思います。

迷ったり、悩んだりしていると思います。

 

でもね、

それって、「贅沢な悩み」だったり

してませんか?

 

生きるか、死ぬかの

悩みとかではないですよね?

 

割と、贅沢な悩みなはず。

 

その贅沢な悩みに、

悩み苦しみ、文句を言う。

 

これがね、

「心が錆付いていく原理」です。

 

今、あることに、

今、向き合っていることに、

今、悩んでいる状況に、

 

まずは、

「感謝」

そこから、考えてみると、

すっきりした答えが、

導き出されるかもしれませんよ。

 

あれ?

なんか、今日は真面目やね、

なんで?

 

「え?」

 

あのね、「好感度アップ大作戦♪」

なんで?

え・・・

え・・・

 

自分で、言いたくないけどさ・・

 

今日、

「おれ、誕生日やねん!!!!!!!」

 

言ってもうた・・

さりげなくしとくのが、

大人の男って思って、

黙ってたのに・・・

 

がーーーーーん・・・

いや、しゃーない。

 

だって、オトメンですから♪

 

というわけで、

 

今日は、初詣に行って、

池田の誕生と弥栄を、

天に祈ってみてくださいね~!

って、ちがうやろー!!

 

では、また。

今日も素晴らしい1日になりますように☆彡

池田たかゆき

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です