2018/12/25

60万円のコートと、レンガ職人

 
60万円のコートと、レンガ職人

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、ハワイやガーナで仕事をするという夢を叶えた僕が伝える「池田流引き寄せの法則」 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

池田サンタです♪

 

今日は、

クリスマス・イブですね♪

 

僕はね、

こう見えても、

 

クリスマス好きなんです( *´艸`)

 

で、

今ね、

 

セミナーするために、

東京に来てるんだけど、

 

クリスマスだし、

ザギンで

 

ベルトを買おうかなと、

ウロウロしてたわけです。

(いや、ザギンってふるっ・・!!)

 

そしたらね、

働く人には、やっぱり意識レベルが

あるな~っていう体験をしてしまいました。

 

そんなわけで、

ザキウロしてたのだけど、
(銀座をウロウロね・・
そうは言わんけどね・・)

 

色々見てみたのもの、

あまり気に入るものはない。

 

でね、ダメもとでさ、

Kitonってお店に入ってみたのね。

 

Kitonってのは、

超高級な生地屋さんです。

 

どれくらい高級かっていうと、

コートが60万円からみたいな感じ。

 

だからね、

入るのも

なんとなく勇気がいって、

こえーのだけど、

 

もしかしたら、ベルトくらい・・むふ。

って思って、入ってみたの。

 

で、ベルトありますか?って聞いたら、

素敵なお兄さんが、

 

少々お待ちください。ってな感じで、

今、3本置いております。と。

 

やっぱり生地屋さんだから、

あんまり置いてなかったんだよね。

 

それで、うーーーーんって悩んでたら、

 

「もし、ベルトをお探しであれば、

靴屋さんがおススメですよ。」

 

とおススメしてくれた。

 

そりゃ、そうなんですよ、

やっぱり靴とベルトは

合わせたいですもんねー。

 

って、話からちょこっと

スーツ談義をしていたのですが、

 

なんだか少し、

仲良くなった気がしたので、

 

勇気をもって、

「コート着てみていいですか?」

 

って、調子ぶっこいて、

言ってみたわけです。

 

あのね、

生まれてこの方、

 

Kitonに入って、

試着なんてしたことなかったわけ。

 

なんか、

恐れ多いな~って

思ってたのね。

 

でも、今回は、

チャレンジしてみたの。

 

なんていったって、

優しい素敵なお兄さんが

接客してくれたからね。

 

ここぞとばかりに。

心の隙間をぬうように、

お願いしてみた。

 

そしたら、

「もちろん~~!」

って快諾してくれた。

 

「着るだけですよ!

着るだけですよ!」

 

とアピールしながら

袖を通してみたらさ、

 

なんかね、

身体にフィットって

こういうことーーーー!!

 

どんだけぇ~~~♪

 

そして、

生地の軽さと、

 

心地良さがヤバイ。

 

一瞬で欲しくなったのだけど、

金額はやはり62万円。

 

コートよ・・

もはや、高すぎて

よーわからん。笑

 

で、ありがとうございました~

って帰ろうとしたら、

 

「こちらはいかがでしょうか?」

って、エンジ色のジャケットを

持ってきてくれた。

 

これが、またぴったりで、

色も形もサイズもばっちり

だったんですね。

 

買いませんよ。と言っているのに、

さらに、持ってきてくれたんですね。

 

ちなみに、そのジャケットは

67万円。

 

いやいやいや・・・

だったのですが、

 

その優しい素敵なお兄と話してたら、

その理由が分かってきました。

 

この素敵なお兄さんが語ってくれたのは、

「僕が初めてKitonに袖を通したときに、

このフィット感とか、デザインとかに

感動したんですよ!

 

それから、Kitonで働くのが夢で、

色んな人に良さを知って欲しいんですよね!」

 

って言ってたんです。

 

ちょっと感動。

彼は、ただただKitonが好きな人

だったんですね。

 

Kitonは一流のブランドですが、

働いている人も一流でした。

 

もうね、僕はこの一件で、

Kitonの店員さんに心を掴まれてしまったわけです。

 

ファンになりました。

 

ふらっと入ったお店で、

ファンになってしまったんですね。

 

何がって?

だってさ、

 

「100%お客様目線。」

 

でしょ?

 

まず、

ベルトを探しているのに、

おススメの靴屋さんを教えてくれる。

 

買わないって分かっているのに、

心地よく何着も試着をさせてくれる

 

しかも、売りたいものではなく

似合うものを提案してくれる

 

で、店員さんが、

Kiton大好き。

 

そして、その感動を

色んな人にお伝えしたい

 

という心意気。

 

すごすぎる!

 

そこでね、池田は、

「レンガ職人の話」を思い出すわけです。

 

イソップ童話に、

こんな話があります。

 

レンガを積むレンガ職人

Aさん、Bさん、Cさんと、

3人いました。

 

Aさんに、

「何のためにレンガを積んでるの?」と聞くと、

 

「レンガを積んでいるんだよ。

手も腰も痛くてしかたないよ。」

 

と言いました。

 

Bさんに、

「何のためにレンガを積んでるの?」と聞くと、

 

「壁をつくっているんだよ。

この仕事で家族を養っているのさ。」

 

と言いました。

 

Cさんに、

「何のためにレンガを積んでるの?」と聞くと、

 

「歴史的な大聖堂を建てているんだよ。

これで多くの人が救われる、最高の仕事さ!」

 

と言いました。

 

これは、全く同じ仕事なのに、

「意識の違い」で、

 

これだけ差が出ると

いう教訓の話です。

 

そして、このKitonの店員さんは、

Cさんだったんですね。

 

もし、彼がAさんだったら、

きっと買わないと分かった瞬間

見向きもしないと思います。

 

もし、彼がBさんだったら、

きっと手の届く値段の服やベルトを持ってきて、

買ってもらおうと努力したはずです。

 

彼がCさんだったから、

 

彼の目的が、

「Kitonの感動をより多くの人に」

という高い志だったことで、

 

池田は最高のおもてなしを受けることができ、

最終的には、お兄さんのファンになったのですね。

 

大切なのはね、

「今、どんな意識で仕事しているか?」

ってこと。

 

Aさん?
Bさん?
Cさん?

 

そして、

「ファンがつくのは、

Cさんの働き方」です。

 

さて、

あなたは、

 

どんな働き方を

選びますか?

 

それにしても、

久しぶりに感動体験を

させてもらいました。

 

感謝です。

 

池田は、これだけで、

ベルトのことなんて忘れて、

お腹いっぱいです。

 

クリスマスプレゼントを

もらった気分。

 

はい、

そのうちKitonの

洋服着てますからね♪

 

だって、ファンに

なっちゃったんだもん。

 

どうやって?

 

引き寄せてみせましょう!

池田の引き寄せ力を

ご披露します。

 

叶ったらまたお知らせしますね♪

 

それにしても、

今日はイブですね♪

 

クリスマス好きの池田は、

朝から浮かれるという、

 

オトメンっぷりを

見せています。笑

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございます!

 

今日も素敵な未来につながる

1日になりますように☆彡

 

では、またメールします。

 

池田たかゆき

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です