ホテルにいた、おっさんパンダと3種類の人種

 
ホテルで会ったおっさんパンダと3種類の人種

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

ホテルにいた、おっさんパンダと3種類の人種

こんにちは!

池田たかゆきです。

 

 

先日、大阪の某ホテルでセッションしてときのこと、

なんかね、ロビーにね、

 

パンダの着ぐるみ着て、

携帯いじってるオッサンがいたわけですよ・・

それは、2度見しましたよ・・

 

「え!?」

「えーーー!!??」って。

 

最初は子供がUSJの帰りでふざけてるのかなって

思うくらい、当たり前のように、

パンダの着ぐるみ着てたのですが、

いや、パンダというかオッサンね。

 

しかも、そのおっさん、

ずーーーーーーーーーーーーーっとおんねん。

1回出ていってたと思ったら、コンビニ行って、またおんねん。

怨念のように、おんねん・・笑
いつか注意されるのだろな~って思ってたら、

いっこうに注意される気配なし!
もうね、

そういうオッサン、大好物なんでね、

個人的には面白くてしょうがなかったんだけど、

注意しないホテルの寛大さに、エールを送ろう~~!
でも、ホテル側のそういう対応見たら、

またお世話になりたいなって思ったホテルでした。

さて、

そんな、おっさんパンダですが、

「あなたは、どう思いますか?」

実はね、この世には、

「3種類」の人種しか存在しません。

それが、

1、あなたを好きな人

2、あなたを嫌いな人

3、あなたをどうでもいい人

です。

で、この中で、

2と3は、付き合いわなくても良い人たちです。

大切にするべきは「1、あなたを好きな人」だけ。
なのですが、多くの人が、

 

「え?私、孤独なんですけど・・・」

って、思っていたりします。

 

「なぜか?」

それはね、

多くの人が


「本来の自分ではない、別の自分
を演じているから」です。

 

過去に

親や先生、友人たちに、

「あなたは、ここを直した方が良い!」

「あなたは、ここを変えるべきだ!」

「あなたは、こうあるべきだ!」

と、言われ続けてきたかたです。

だからね、

「誰からも好かれる当たり障りのない自分」

 

演じてしまうクセがついてます。

でも、そんなんね、

「はぁ~?」

ですよ。

 

誰基準の「あるべき姿やねん!!」って言いたい!

そんなん気にせんと、あんたの

やりたいこと、自信もってやりんさい!!!

 

あ、ちょっと興奮してしまった・・

話を戻して~
例えば、あなたが思う「当たり障りのない人」

演じていたとします。
そしたらね、そんな「1、あなたを好きな人」が、

集まってきます。わさわさ集まってきます。

はい、これで「孤独」決定です。

なぜなら、あなたは「当たり障りのない人」を演じていて、

それを好きな人が集まってくるから、

 

本来のあなたや、素のあなたとは、

本気で気が合うわけではありません。

 

分かります?

 

だから、お友達が増えないんです。
つまり、自分自身を別の誰かで演じている人は、

 

1、あなたを好きな人

2、あなたを嫌いな人

3、あなたをどうでもいい人

 

の、誰とも気が合わないので、

結果的に孤独になってしまうんですね~!
なんて寂しい・・しくしく

 

ちなみにですが、

もし、あなたが「天使のような自分」を演じてみても、

「悪魔のような自分」を演じてみても、

この

1、あなたを好きな人

2、あなたを嫌いな人

3、あなたをどうでもいい人

のパーセンテージは、

 

1、あなたを好きな人(22%)

2、あなたを嫌いな人(61%)

3、あなたをどうでもいい人(17%)

 

で変わりません。

どんな自分でいても同じなんです。
ってことは、

勘の良い人は、お分かりのように、

菅野美穂っぽい人が、おかわりしたように、

 

ありのままの、あなたでいた方が、

 

「マジ友」が出来るってことです。

 

何も演じる必要はございません!!

誰にもなる必要はございません!!

あなたは、あなたで良いのです!!

 

 

素直に、ありのままに、

ぶっちゃけるように、

それをそのまま出したら、

 

1、あなたを好きな人(22%)

2、あなたを嫌いな人(61%)

3、あなたをどうでもいい人(17%)

になりますので、

22%だけと楽しめば良いのです。
つまりね、

おっさんパンダは、そのままで良いってことです。
嫌悪感を感じる人もいれば、

僕みたいにメルマガに取り上げる

物好きもいるわけです。
それでーいいのだ~!

というわけで、

マジ友が欲しい人は、

友達出来ね~って思う前に、

ゴイゴイ自分を出していって

くださいませ~~!

 

ただ、もしかして、

おっさんがパンダを着るのは、

大阪ではスタンダードなのかもしれません・・

もし、そうだったら、ごめんやで!

 

では、また。

池田たかゆき

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です