映画「空海」が公開される、最も大事で必然な理由

 
映画「空海」が公開される、最も大事な理由

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

映画「空海」が公開される、最も大事な理由

池田たかゆきです。

 

なんかね、

福岡では、すでに、

春の香りがしています。

 

いや、寒いんですよ。

気温はね。

 

でも、香るんです。

ふにゃ~っと。

 

春の香りがね。

 

ふにゃ!!??

表現ヘタ!!!

 

そういえば、

「空海」さんが、

 

ここ最近、

急に注目されてますね。

 

今度、映画化されるそうです。

とはいえ、

これは、漫画の世界を

映画にしたものですが、

 

個人的に、

染谷将太くんが、

好きなので、

 

いや、

 

好きって言ってもぉー、

いくらオトメンって言ってもぉー、

 

そっちじゃない。

 

染谷くんが、好きなので、

見たいな~って思ってますが、

 

あ、それと、

RADWIMPSが、

主題歌だからね♪

 

そこも惹かれてる。

 

空海見たいな~

どうしようかな~

 

ちなみに、僕は個人的に、

空海さんの、

「共利郡生」って考え方が凄く好きです。

きょうりぐんじょうって

読むのですが、

 

「いのちあるものが、

共に助け合い、学び合う。」

 

高野山には、そう書いてあります。

 

これね、

言葉にすると、

「あー、分かる~」なんだけど、

 

実際には、もっともっと深くって、

「宇宙レベル」で、

話してることなんです。

 

実際に、

高野山の「奥の院」に行ってみてください。

 

森、木々、神様、仏様、ご先祖様が、

一緒にいます。

 

相違しているものたちが、

一緒にいるのです。

 

意見がバラバラな人たちが一緒におる。

 

これ、

本当は激烈凄いこと。

 

現実的に見れば、

その凄さが分かります。

 

「意見が違う国同士」って、

何してます?

 

争ってるでしょ。

戦争してるでしょ。

 

普通は、そうなるんです。

 

いくら神様、仏様たち

とはいえね。

 

でもね、

それをさらっと実現しちゃってるのが、

高野山であり、

空海さんの凄いところ。

あそこはマジすげーとこですよ。

あの人は、宗教とかいう

枠すらもね、超えてるよね。

 

そこも好き。

 

そしてね、

「共利郡生」

ってのはね、

 

「個がそれぞれに我儘に生きたとき、

 宇宙の摂理が合致しますよ。」

 

ってことを言ってるの。

例えば、

 

森林破壊にせよ、

環境汚染にせよ、

問題は、人間を中心に

考えてるでしょ。

 

これ、地球さんから見ると、

もしかしたら、全然

痛くも痒くもないかもしれない。

 

資源がなくなる。

お水がなくなる。

食料がなくなる。

 

うん、

これって全部

人間都合だよね。

 

空海さんはね、

宇宙も、神様も、仏様も、

地球も、森も、海も、人間も、

「全て同等」って言ってるの。

 

同等だから、

 

それぞれが、

それぞれの役割を、

ちゃんと果たしたときに、

自然と、

自然の形に戻るよって。

 

そう言っている。

 

地球は地球の役割、

自然は、自然の役割、

そして、

人は人の役割。

 

地球には70億の命がある。

この70億が、

個としての役割を、

我儘に生きることが出来れば、

きっと世界は平和になる。

 

それを担うのは、

 

インターネットとか、

AIとか、

VRとか、

仮想通貨とか、

 

って思ってたり

する。

 

今は、まだ発展途上だけどね、

これからもし、上手く発展すれば、

そうなるはず。

 

だから、これからの

テクノロジーの舵取りは、

めちゃ大事ですね。

 

それが上手くいく前提で、

話すと、

 

70億が、我儘を言える日がくる。

分かってるとは思うけど、

我儘と自分勝手は違うよん。

 

我儘ってのは、

あるがままの自分で、自分の考えで

自己表現をしながら生きる。

って意味っす。

 

それとね、

人間もなんだけど、

 

神様、仏様、ご先祖様や

その他見えないものたち。

 

この人たちも、

役割を果たす必要がある。

 

その役割を、与えてあげられるのも、また人間だ。

ってことは、

やっぱ、

人間の責任は大きいな。

 

つーわけで、

そろそろね、

目に見えないものたちもね、

仲間に入れてあげて

欲しいんだよね。

ちょこっとでいいからさ。

 

「共利郡生」

実現したい。

いや、

する。

 

ここに来て、

空海という映画が出てくるのも、

決して偶然ではない。

 

「必然です。」

 

というわけで、

「空海」を映画館で見るか、

でーぶいでーが出るのを待つか。

 

悩む。

 

では、またメールします。

今日も素晴らしい1日になりますように☆彡

池田たかゆき

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です