2019/10/23

コツを掴む方法

 
コツを掴む方法

この記事を書いている人 - WRITER -

ひょんなことから大富豪に弟子入りし、ハワイやガーナで仕事をする夢を叶え、その後ライフコーチとして1,000人以上の方とご縁を頂いたことで分かった「新時代の夢の叶え方」をお伝えしています。⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

池田たかゆきです。

 

きのう、今日と、

会員限定のリトリートを

しに出雲に来ています。

 

普段から、宇宙から応援される生き方をしよう!

って言っているのですが、

 

リトリートに来ると、

それが体験できるので、

 

池田が普段、

言っていることが、

身体で理解できるようになります。

 

まー、何でもそうなのですが、

 

自転車の乗り方を

いくら説明書で見てみても、

 

自転車が乗れるように

なるわけではありませんが、

 

自転車に乗っている人を見たり、

自転車の乗り方を実際に教えてもらったり、

 

何でもいいのですが、

実際に乗ってみる。触れてみる。

 

ということをすると、

説明書を読むことと、

 

実際に乗ることは、

全然違うことが分かります。

 

池田がリトリートをしている理由はそれで、

言葉でお伝えしていることを、

体験としてお伝えしていく。

 

ということを目的としております。

 

なので、

いつの間にか、

「感覚を掴む」ことが出来るのです。

 

自転車でも、野球でもサッカーでも、

理解することも大事ですが、

 

「感覚を掴む」

 

ことが、最も大事なことです。

 

コツを掴むとも言いますが、

実は、感覚さえ掴めるようになると、

なぜか出来るようになっちゃいます。

 

1回、自転車に乗れるようになったら、

乗れなくなる方が難しくなるのと一緒です。

 

「百聞は一見に如かず」です。

 

そして、

ものごとには、

全てコツがあります。

 

でも、

 

野球
サッカー
ラグビー
ゴルフ
勉強
仕事

そのコツは、全て違います。

 

違うのですが、

実は、

 

コツを掴む感覚は、一緒です。

 

それは、

「圧倒的な集中」です。

 

自分の五感から、

意識まで、

神経を一つに集中する。

 

これがコツです。

 

人は、すぐに

他のことに

気をとられてしまいます。

 

一流と、二流を決める

分かれ目はここです。

 

一流は、集中していないようで、

大事なところだけは、

一点集中です。

 

これは、一流になるほど、

緩んでいるように見えますが、

実は、締めるところは締めています。

 

というか、

集中するには、

緩みも必要です。

 

身体の力を抜きたいときは、

一度、身体に力を入れて、

すっと抜くと、身体が緩みます。

 

これと同じで、

集中するところを

間違ってはいけません。

 

集中していない時間を、

1日続けるなら、

 

集中して動く1時間の方が、

絶対に価値があります。

 

なのでね、

スポーツでも、

 

プライベートでも、

仕事でも、

 

集中するときは、集中する。

集中するべきところに

集中する。

 

これが大事です。

これが出来ると、

人生も同じことが出来るようになります。

 

集中する。

緩む。

 

このポイントを掴むことが出来れば、

色んなコツが掴めるようになりますよ♪

 

では、またメールします。

ありがとうございました!

 

池田たかゆき

無料体験セッション

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です