2018/02/17

富山の「きときと」と、与えるの本当の意味

 
富山の「きときと」と、与えるの本当の意味

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

富山の「きときと」と、与えるの本当の意味

池田たかゆきです。

 

きのうから、in 富山です。

いや、こういうときは、on 富山?

 

「どっちでもええわ~~い!!」

 

初めての富山ということで、

メルマガにまで書いてしまうしまつ。

 

いや、ここでは

雪がふつーーーにある。

 

そして、お鮨が、

とーーーーーっても、きときと!!

 

富山ではね、新鮮のことを、

「きときと」って言います。

 

感動した!!

ここは、海が近いさぁーーー。

富山ブラックは塩いさぁーーー。

って、

 

富山に何しに来たの?

 

って、

「ガイアの書2DAYS」です。

日本トータルマスタリー協会で、

佐藤純也さんが行う、このセミナーは、

「人間力を高める」には、最高です。

参加者さんは、

ひと皮も、ふた皮も剥けて

たくさんの気づきを

持って帰っていきます。

 

かくいう、僕もその1人。

自分の成長が大好物な人は、

ハマること間違いなし。

 

今は、このガイアの書2DAYSで、

少しだけ、セミナー講師として、

お話させて頂くのですが、

 

講師の純也さん、
松永理事長を始め、
ディレクター
ファシリテーター
ボランティアスタッフ

全員が、

参加者さんの成長に、

向かい合っています。

 

例えば、よく

「Give&Take」

と言われます。

「与える」の本当の意味とは?

「まず、与えましょう」

「そしたら受け取れます」

みたいなことです。

 

でもこれも、

本当は、バランスです。

 

「与える」と

「受け取る」のバランスが

悪い人は、

結局、思った結果が出ません。

 

そんな感覚を養えるのが、

この「ガイアの書2DAYS」

 

こんな場所はなかなかないよね。

 

与え過ぎの人は、

受け取る練習を。

受け取り過ぎな人は、

与える練習を。

 

そしたら、

人生のバランスが

取れ始めます。

 

さぁ、今回の2DAYSでは、

どんな素敵な人たちに会えるか、

楽しみです♪

 

では、また。

今日も素晴らしい1日になりますように☆彡

池田たかゆき

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です