2018/03/22

大人の階段を昇るってのは、こういうことよー

 
大人の階段を昇るってのは、こういうことよー

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

大人の階段を昇るってのは、こういうことよー

池田たかゆきです。

 

さ、今日から東京⇒大阪出張です。

また、1週間ほど・・

 

こんなときは、ずっと

ホテル暮らしなのですが、

 

こんなとき、一番困るのが、

アメニティの質が気になるのよね・・

 

「女子かっ!?」

 

イオンドライヤーじゃないから、

髪がパサつくのよね・・

 

「女子か!?」

 

夜中に男性と同じ

エレベーターはちょっと・・

 

「だから女子かっ!?」

 

というわけで、

きのうはね、

セミナーだったのだけど、

いつもとは違ったセミナーでした。

 

なんとね、

「両親が、セミナーに

来てくれたんです。」

 

これね、

思った以上にね、

緊張しますよ。

 

なんか、変な汗かくし、

リズムは取れないし、

笑いも取れないし、

それはいつもやし!!

 

えー、そんなことないやい!!

 

ドキドキして、

照れまくりでしたが、

嬉しくもありました。

 

もう、なんとも

いえん感じでした。

 

親と、

子ども、

この関係性は、

本当に難しいです。

 

親というのは、

子どもにとても大きな影響力を

持ってるからね。

 

僕たちが、

「自分の人生を生きる」

ために超えなくてはいけないのが、

この「親の壁」です。

 

この壁を越えて、初めて、

100%満足する人生が始まります。

 

では、

「なぜ100%満足する人生を生きれないのか?」

その答えの一つが、

「他人の価値観で生きてしまうこと」です。

 

そして、多くの人が、

親の影響力を受けています。

 

つまり、

親の「価値観」で生きてしまうのですね。

 

そうなると、

あなたの本当の才能っていうのは、

開花せずに人生が終わります。

 

なので、

親の壁は超える必要があるのですが、

勘違いしないで欲しいのは、

 

「親に反抗する。」

っていうことじゃないのです。

 

逆です。

親に面と向かって、

「愛してるよ」と言えたときが、

親の壁を超えたときです。

 

僕は「在り方」をお伝えしているので、

人に言うだけ言っておいて、

自分は出来ません!はないわけです。

 

なので、今回の

セミナーは、

チャレンジの1つでしたが、

なんか、一歩進んだような

気がしました。

 

大人の階段のっぼるぅ~♪

君はもう、シンデレラっさ~♪

 

そういえば、

白馬に乗った王子さま、

迎えに来ないかな~

 

「女子か!?」

 

またメールします。

今日も素晴らしい1日になりますように☆彡

池田たかゆき

 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です