2018/02/19

日本語はセンスを磨くための世界一の言葉?

 
日本語はセンスを磨くための世界一の言葉?

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

日本語はセンスを磨くための世界一の言葉?

池田たかゆきです。

 

きのうはね、

ひさかたぶりに、

お休みとりました。

 

こんな日は、

得意の、ボー―――っとするのを、

1日中やってみるわけです。

 

このね、ボー―――っとするの、

なめちゃーいかんせん。

 

ぼかぁ~ねぇ~、

ボー―――っとすることに

関してだけは1流なのさ♪

 

って、加山雄三ばりに、

自慢してみたけども、

 

って、

どんどん、ジョークが分からなくなっていく、

年齢層の加速が止まらない。

 

だって、

「自分、不器用ですから」

あー、もうだめやね。

 

でね、ボー―――っとするのが

一流になると、どうなるかっていうと、

もはやね、記憶喪失になるわけです。

 

自分が何者なのか?

何をしてるのか?

仕事は何なのか?

やることはあるのか?

 

みたいなことは、

全て、飛びます

とびます、とびます・・・

 

だからね、

戻ってくるのが大変なんですが、

それはそれで、リフレッシュなわけです。

 

なので、もしボー―――っとするにしても、

一流を目指してください。

 

きっと加山雄三みたいに、

なれますからね。

え?別になりたくない?

 

だよね~、

ありがとぉー!

って、英ちゃんは、

 

言ってるのだけど、

「ありがとう」っていう言葉って、

何でこんなに素敵なのでしょう。

 

日本語って何か意味があるんですか?

って、

めっちゃ、ざっくりした

質問が来ました。

 

実はね、

日本語っていうのは、

凄い言語なんですよ。

 

日本語の響きって、

世界でも独特で、

地球の周波数と同じ響きを

しているんですって。

 

特に「ありがとう」っていう響きには、

人生を変える秘密が隠されています。

 

ちなみに、

和音って日本独特なんだけど、

海外ではね、例えば、

 

虫の声とか、

カエルの鳴き声とか、

雑音に聞こえるんですって。

 

あれを、

「あー、風情やな~」

って感じるのは、

日本人だけ。

 

なぜ、あれが風情に聞こえるかっていうのは、

日本語を話しているからです。

 

だからね、子供にはね、

色んな国の言葉を教える前に、

日本語をしっかり覚えさせることが、

重要なんだよね。

 

実は、それが、

日本人独特の感性をつくってます。

 

今からは、東洋と西洋の統合文化の時代。

東洋の感性を持ちながら、

西洋のやり方をやっていく。

これが大事。

 

だからね、

日本人の感性っていうのは、

今からもっと大事になってくるよ。

 

「もっと日本語を好きになろう~!」

 

というわけで、

3回繰り返して言ってみてね。

 

となりのきゃくは よくかきくうきゃくだ。

おあやや おやに おあやまり。

ぼうずが びょうぶに じょうずに じょーずのえをかいた。

 

言えた?

 

じゃあさ、

 

とうきょうとっきょきょかきょくちょうきょうきゅうきょきゅうかきょかきょひ

しんしゅつしゃんそんかしゅそうしゅつえんしんしゅんしゃんそんしょー

あかあぶりかるび あおあぶりかるび きあぶりかるび

 

言えた?

3回よ?

 

これまで言えたら、

「そりゃ、たいしたもんだぁ。」

って、長州小力も褒めてくれるはず~!

 

では、またメールします。

今日も素晴らしい1日になりますように☆彡

池田たかゆき

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です