2018/02/21

幸福な国から来た「ヒュッゲ」な未来

 
幸福な国から来た「ヒュッゲ」な未来

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

幸福な国から来た「ヒュッゲ」な未来

池田たかゆきです。

 

きのう、

「未来世紀ジパング」

2秒ほど見たのですが、

 

最近、

「ヒュッゲ」っていう

言葉が密かに、流行っているらしいです。

 

ひゅっがっ?・・

ひゅっごっ?・・

 

言いにくい!!!

 

「何語じゃい!?」

 

デンマーク。

でんまーくぅ?

 

それならよし!

なんでやねんっ!?

 

サンタさんがおるからね、

それは「ひんらんど」じゃい!!

 

ヒュッゲって言うのは?

デンマーク語で、

 

「心休まる」とか、

「居心地良い」という意味らしく、

 

最近のサラリーマンは、

仕事に情熱を持つわけでもなく、

遊びや趣味にハマるわけでもなく、

時間を持て余してしまう。

 

「幸せの感じ方が分からない」のだそう。

 

だから、

幸福の国ランキング上位の国

デンマークを真似して、、

「ヒュッゲ」したらいいよってはなし。

 

使い方は、

 

「今日、帰りにヒュゲらない?」

「あなた、今日ヒュゲルってるよね!」

「今日、ヒュゲ剃ってないでしょ!」

 

みたいな感じ。

 

はい。

うそつきました。

 

ジパング関係者さん、すみません。

ヒュッゲというのは、

いわゆる「幸せな時間の使い方」

ユニクロや、

有名飲食店なども、

ヒュッゲをテーマに

商品開発してたりもする。

 

働き方、

暮らし方、

 

を、変えていこう!

 

ってやつですね。

特に、

 

家族で仲良く過ごすこと、

ホームパーティーに時間をとること、

そういうところにヒュッゲがあるよ。

 

って伝えていました。

暖かさと潤いのある暮らし。

「いやいやいやいやいやいやいや!」

って、こっそり思ったは、僕だけではないはず。

 

「それ、昔の日本じゃん!!!」

 

そう、日本は昔は、

 

そういうの大事にしてはりました。

まー、1周回って、帰ってきたのだろうから、

 

これから、日本では「ヒュッゲ」の

さらに発展系が生まれるはず。

 

大事にしているのは、

「自分の時間」

そして、

「心」ですね。

 

幸せは、モノにはない、

モノからココロへ、

 

それに気づき始めた人が

増えたんでしょうね。

 

本当は、「見えないものを尊重」するのは、

日本の十八番です。

 

日本人、ここ踏ん張りどきです!

まずは、あなたから。

メリークリスマス♪

わたしっから~メーリー・・・・

すとっぷぅぅぅ~~~!!!

 

そのネタは、さすがに時期が早すぎやね・・

 

まー、この問題っていうのは、

AIの進化に伴って、

大きくなってくるので、

 

今から「ヒュッゲ」という、

暖かさと潤いのある暮らし、

大切な人との時間を、より豊かに大切に、

そんなことを、意識しておくのも良いかもですね♪

 

ここの真ん中らへんから、

1週間くらいは、再放送が見れるみたいよ。

興味があれば、どうぞ。

↓「日経スぺシャル 未来ジパングの公式ホームページ」
http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/

 

さっ、僕は、今からヒュゲを剃ろう!

 

では、またメールします。

今日も素晴らしい1日になりますように☆彡

池田たかゆき

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です