2018/03/22

ピンチから生まれた大ヒット商品たち

 
ピンチから生まれた大ヒット商品たち

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

ピンチから生まれた大ヒット商品たち

池田たかゆきです。

今日は、

姉と弟が、

伊勢神宮に行ってたらしく、

お土産をもらいました。

「ほうじ茶 生ショコラ ひょっとこ」

と、

「小倉トーストラングドシャ」

 

さすが、

我、兄弟と思われる、

ナイスなセンスの

お土産を頂きました。

 

名前は、ふざけてるけど、

味はうまし!!!

 

小倉トーストラングドシャなんて、

絶対美味しくないって思ってたのに、

3枚も食べちゃいました。

 

 

どっちも、

びっくりするくらい

ウマし!!!

ありがたいっす。

と、

おみやを頂きながら、

久しぶりに、

父親と話してたら、

 

「ピンチをチャンスに

変えれるか、そのままピンチと捉えるか、

そこが分かれ目。」

 

って言ってました。

 

やっぱり、分け目は7:3くらいが、

真面目に見える比率なのですが・・・って、

 

また、ふざける!!

いいはなしじゃないかぁー!!!!

 

上手くいってる人の特徴は、

ピンチをチャンスと思える人、

 

とのこと。

 

きっと、

あなたも、今、

 

「ピンチ」って

 

思えることって、

起こっていると思います。

 

そのピンチを、

チャンスと捉えれるか、

これが乗り越える「鍵」です。

失敗から生まれた成功

ちなみにですが、

今、ある「大ヒット商品」と呼ばれているものは、

ほとんどが、失敗したとか、

ピンチを乗り越えたものが多いです。

 

例えば、

「付箋」って使いますよね?

 

特に「貼ってもはがせる付箋」って、

めちゃ便利でしょ?

 

たぶん、どの会社も使っています。

そう、あの「ポストイット」です。

 

実は、あのポストイットには、

開発秘話があります。

ポストイットを開発したのは、

 

アメリカの3Mという会社なのですが、

実は、あれは、

潰れかけの会社が命運をかけて、

 

「世界で一番、”粘着力の強い”接着剤」

を、開発しようとしていたところ、

出来上がったのが、

 

「世界で一番、”粘着力の弱い”接着剤・・・」

 

だったそうです。

開発は失敗。そのときは、

 

「人生終わった」と思ったらしいです。

 

会社の命運をかけてつくったけど、

失敗した。全て終わりだ。と。

でもね、

考えに考え抜いた結果、

ある社員がアイデアを出したらしい。

 

「これ、貼ってはがせるメモに

使えませんか?」と。

 

それから、

あの、めちゃ便利な

貼ってはがせるポストイットが

出来たのですね。

 

つまり、失敗から生まれた

大ヒット作品です。

 

この会社は、

ピンチをチャンスに

変えたわけです。

 

変えたどころか、

今では知らない人はいない会社の

仲間入りしてます。

こんな商品も実は・・

実は、

コカ・コーラや、

ポテトチップスも、

失敗から生まれています。

 

つまりね、

ピンチを乗り越えるとは、

「目線を変える」ってことです。

 

今、ピンチに見えることは、

「角度を変えたらチャンス」に見える。

 

その角度をとことん探してみてください。

自分で見つからないときは、

人にアイデアを聞いてみてください。

 

もしかしたら、

今、ピンチと思っていることは、

創作のためのチャンスかもしれません。

 

目線を変えて、

ここで掴みましょう!!!

 

では、またメールします。

今日も素晴らしい1日になりますように☆彡

池田たかゆき

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です