2018/12/07

振り子の法則と0.5歩先じゃないとダメな理由

 
振り子の法則と0.5歩先じゃないとダメな理由

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

池田たかゆきです。

 

今日もまた、

月曜日がやってきました。

 

あげいん、まんでい!!

 

略して~~~

 

あげま~ん♪

というわけでね、

 

パリピーのりで、

登場したわけですが、

 

今年は、霜降りでしたね。

はい。

 

僕的には・・・

和牛の方が、おもろかったんですが、

 

まー、おめでたいですね!

何が?

 

あ、「M1」のはなしっす。

 

まーね、

芸能界で生き残る方法ってのをね、

 

昔、ダウンタウンのおつきを

してた人に聞いたことがあるのですが、

 

まー、この人、

イベントのプロデュースとかしてるんですが、

 

1回の仕事でギャラが300万円

くらいだそうです・・

すげーなーおい!!

 

でも、個人的には、

性格が好きじゃないんだけどね・・。笑

 

その人が言ってたのと、

ビジネス上手の成功者が

 

言うことが同じだから

また、おもしろい。

 

簡単に言うと、

「ポジショニング」が大事なんだよと。

 

これ、島田紳助さんも言ってたね。

ポジショニングに関しては、

 

例えば、M1で優勝したいと

思ったときに、まずやらなくては

 

いけないのが、「分析」です。と。

 

まずは、漫才の歴史を知ること。

90年代はどんな漫才が受けていて、
00年代の漫才は?
10年以降の漫才は?

と、まず分析してみること。

 

そしたらね、

なんとなく

 

今からこんなんが

流行るよなってのが

ぼやーーっと見えてくる。

 

その時代の「0.5歩先」の漫才をすると

世の中にうけるわけです。

 

これはね、仕事でも何でも同じ。

「分析して0.5歩先」

これが本当に大事。

 

分析ってのは、

どうやってやるかってのは、

 

方法はたくさんあるのだけど、

1つだけ大事なこと言うと、

 

世の中は、「振り子」のように

動いているってこと。

 

例えば、

笑いに関しては、

 

テンポの速い漫才が流行ったら、
(キングコングとか)

次は、テンポの遅い漫才が流行ります。
(オードリー)

 

そしたら、その次は、

テンポが速いところと

遅いところを混ぜたようなのになる
(タカアンドトシ)

 

そして、それがベースになって、

また反対にいってというのが繰り返させていくのです。

 

これを「振り子の原理」っていうのですが、

これを覚えておくと楽です。

 

仕事でもトレンドって絶対あるでしょ。

その逆に近いものが来るってこと。

前より進化してね。

 

その進化ってのは、

「0.5歩先」を先取りするのです。

 

このね、「0.5歩先」ってのが

なかなか難しいんですよ。

 

実はね、

1年後とか

10年後とか、

こんなんなりますよ。

の方が

 

実は当たったりする。

でも、

 

「0.5歩先」ってのは

難しい。

 

それの天才なのが、

きっと

「おニャン子クラブ」とか、

「AKB48」をプロデュースしてる、

秋本やすしさんなんかだと思う。

 

ちなみに、

きのうのM1を見た感想ですが、

0.5歩先の人がいなかった気がする。

 

しかもね、

芸人ってキャラ立ちしてないといかんのに、

今はYou Tuberがいっぱいいるでしょ。

・身近感ある
・リアル感ある
・キャラ立ってる

ってことで、

 

お客さんの方がキャラ立ちに

慣れちゃってるよね。

 

今の漫才ブームが終わってきたのは、

確実に、You Tuberが出てきたからです。

 

だから、逆に今は、

正統派漫才と人間力ってのが大事。

 

らしさが出ている漫才が勝つ。

 

これはね、

M1の中で、審査員も言ってた。

 

「人間っぽさが出てましたね」

「あなたたちは機械っぽい」

「最後はチームワークの勝利ですね」

 

もはや、漫才の評価ではない。

 

世の中はそういうところに来てますよ。

つまり、

 

今からの時代、

どう生きたらいいかっていうと、

 

「好きに生きる人の勝ち」ってことです。

商品より、その人らしさとか、

人間力とか、そこが問われてきますよ。

 

だからね、

好きなことやった方がいいんです。

 

だって、好きなことやっている間は、

絶対、他の人より輝いてるから。

 

サッカー選手がモテるのは、

カッコイイからじゃないですよ。

 

好きなことをやっていて、

輝いているからですよ。

 

例え、ビルゲイツみたいな、

オタクの人でも、

 

パソコンをババババババって

真剣な表情で向き合ってたら、

カッコよくみえるはずです。

 

だから、

仕事やっている人は、

カッコよく見えるわけですね。

 

それは、

男子も女子も変わりません♪

 

ということで、

分析がどーのこーの言いましたが、

 

「好きなことやれよ!」

っていう、全然違う答えで

終わる。っていう、

 

そんな回。笑

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございます!

 

今日も素敵な未来につながる

1日になりますように☆彡

 

では、またメールします。

池田たかゆき

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です