2018/10/19

4歳の息子がブン取りしました。親失格です。

 
4歳の息子がブン取りしました。親失格です。

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

池田です。

この間ね、

4歳の息子と

レジに並んでたのよ。

そしたらね

前の人がお会計してて、

前の人が買ったものを、店員さんが、

包装紙で包んでテープで止めてたの。

そしたら、

うちの息子くんが、

サッとその包装紙に手を出したわけ。

僕はね、

前の人が買ったものを、

横取りしたんじゃないかと、

慌てて、「こら~っ」て、

止めようとしたらね、

息子くん、

テープを止めようとしていた、店員さんを見て、

端っこを押さえてたみたいなの。

つまりね、

お手伝いさ。

人助けさ。

僕はね、

そうとは思わず、

こら~って言っちゃったんだよね・・

反省した。

親として、

子供を信じてないこと、

まさか、

息子がそんな手伝いを

するとは思わなかったこと。

「人の可能性は、

無限じゃ~~~!!」

「人が制限するから、

人が育たたないことに気づけ!!」

と、教えている僕が、

このありさま・・・

こんなちーーーーーっぽけな

お父さんを許してね♪

うん。

ごめんよ。

でも、なんかね、

これって、

成功し始めた人に

見られる傾向と同じだなって思った。

成功するために、

何かを始めたら、

周りから、

何を始めたんだ!
失敗するんじゃないか!
常識外れだ!
モラルがない!
あいつは変わった!
おかしくなった!etc・・

って言われ始める

けーこーにある。

あのね、

「自分より大きな山は、

見えないんだよね。」

だから、

他の人たちから見たら、

頭がおかしくなったんじゃないか?

って思われてもしょうがない。

ソフトバンクの孫社長だって、

創業当初は、ミカン箱の上に立って、

3人だけの社員の前で、

「俺は1兆円起業になる!!」

って叫んでたらしいよ。

周りから見たら、

頭おかしいよね。

でもね、

彼は実現しちゃった。

僕たちから見たら、

なんて変な人だ!!

で終わるけど、

彼が見ていた世界は、

見えなかった。

山が大きすぎて。

成功者ってのは、

人より大きな山を見ている。

だから、色々と言われることがある。

けど、

気にすんな。

彼らには、その山が

見えないのだから。

山が見えているのは、あなただけ。

なら、その山を登り切って、

ほら、あったでしょ。

って言うしかない。

地球が平らだと信じられている時代、

ガリレオは、地球は丸いって言って、

バカにされながら死んでいった。

でも、今は、

地球は丸いのが当たり前。

コロンブスは、

アメリカ大陸を発見するまで、

避難の嵐を受けていた。

けど、

アメリカ大陸を見つけてからは

英雄だ。

山を登っているときは、

色々なことを言われるだろう。

でも、

気にすんな。

山さえ見つければ、

ほら、ここにあったよ!って見せれば、

評価は覆る。

もしね、

僕たちには、理解は出来ないけど、

何かの夢を語っている人がいたら、

素直に応援してあげよう。

きっと、

その山は、

僕たちには、見えないだけだから。

そして、

それを分かりやすく

表現している動画を見つけた。

↓サイコパスの小学生が描いた絵
http://share.buzzvideo.com/s/YsTxYx

これは、最後まで見ないと

分からない動画なので、見て欲しいのだけど、

僕たちは、

この小学生を見習うべきだ。

誰に何を言われても、

やり通す。

やり通した先に、

可能性が広がる。

そう、

信じるべきは、

他人ではない。

自分だ。

自分の感覚を信じろ!

自分の直観を信じろ!

自分の経験を信じろ!

それが、

「強さ」

だ。

自分を信じて

進む。

言うのは簡単だけど、

深い言葉。

でも、

大事なのは、

これだけです。

最後までお読み頂き

ありがとうございます。

今日も素敵な未来につながる

1日になりますように☆彡

またメールします。

池田

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です