『13時間ほど倒れました』

 
13時間倒れて分かったこと

この記事を書いている人 - WRITER -

資産50億の成功者に弟子入りし、スピリチュアルな世界にも精通したからこそ伝えられる「お金の幸せエネルギー解放プログラム」を提供している。 ⇒詳しいプロフィールはこちら

池田たかゆき

13時間ほど、倒れました

こんにちは。
池田です。

先日、信頼する

整体師さん
武道の先生
友人たちから、

「池田さん、疲れてるね。」
って言われました。

なので、次の日予定を入れずにがっちり寝てみたら、
なんと13時間も寝てしもーた♪

おかげさまで身体はスッキリ♪
「ほんとに疲れてたのね・・・笑」
なかなか自分では気づけないので、
ご指摘頂けるのはありがたい。

 

今、やってることに命かけてるの?

その中で、武道の先生が言っていた言葉、

「今、やってることに命かけてるのか。」

という話になったのですが、

僕は、これまで「命をかける」という言葉の中に、

 ・がむしゃらにやる。とか、
 ・倒れるまでやる。とか
 ・一生懸命やる。

みたいなイメージを持っていました。
つまり、動くことばかり。

でも、今回のことで、「命をかける」とは、

「常に状態の良い自分をつくっておくこと。」

も命をかけることなのだなと感じました。

「動」と「静」の大切さ。

「静」があるから「動」が活きる。
しっかり、休むからしっかり動けるのですね。

自分の良い状態が続くと、
それがそのままクライアントさんのお役に立てるのだなと。

命をかけるという言葉の中には、
「動く」と「休む」のどちらも入ってるのだなと

深く反省した次第でありんす。
僕も、「アクティブホリデイ=積極的な休暇」
をちゃんととりまーーっす!

いや~、今後はきをつけよーーー♪
台風きてますので、おきをつけて(*^_^*)

では、またメールします。

池田たかゆき

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です